チョコを食べ過ぎると鼻血が出る…ってほんと?

皆さん、お菓子は好きでしょうか。おいしいですよね。近くにあったら無意識に食べてしまいますよね。ね?

さて、皆さん一度は親に言われたことがあるのではないでしょうか。

「チョコ食べ過ぎたら鼻血出るぞー。」

と。

これ…ほんと?正直信じれませんでしたが、まだ調べる方法もわからなかった小さな頃なので、本当かどうかわかりませんでした。

…長々と語ってしまいました。それではそろそろ本題のチョコを食べ過ぎると鼻血が出るのか、という点について話をしていきたいと思います。

それでは、まず鼻血が出るメカニズムについて話していきます。

鼻血の原因の多くは、鼻の中にある毛細血管が切れてしまうことが原因となっています。鼻の粘膜というのは柔らかいですし、鼻の入り口あたりに毛細血管が集中しているので、ちょっとした刺激でも傷がつきやすくなっているのです。少しの刺激というのは、ちょっと鼻をいじったときや、強めに鼻をかんでしまったときなどでも…。

以上が鼻血の出るメカニズムとなっています。それでは、本当にチョコを食べ過ぎることで鼻血が出るのでしょうか。

まず、結局のところ医学的に鼻血が出るという根拠はないようです。それでは、なぜこのように言われてきたのでしょうか。

チョコレートには「テオブロミン」や「ポリフェノール」などといった血行を良くする物質が含まれています。人によっては体質等でこれらの要因で鼻血が出る可能性を否定することはできません。が、この仮説も医学的な報告がありません。

以上のことから、チョコを食べ過ぎると鼻血が出るというのはかなり可能性としては低いのではないでしょうか。ですが、チョコレートは糖質や脂質が多く、高カロリーな食べ物です。実際、携行食として登山などにチョコレートを持っていく人も多くいます。ですので、食べ過ぎると太ってしまうこともあります。なので、鼻血が出ないからといってチョコレートのみならずお菓子を食べ過ぎる行為はやめたほうが良いと思われます。

どうでしたか?私もチョコレートは大好きですが、食べ過ぎないよう気を付けようかな、と感じました。何事もほどほどに、ということですかね?それでは、また次の記事でお会いしましょう!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。