日本の教育の真実
Comments

どうも、記事作成者のみーよでーす!

今回はこの日本の教科書、教育の闇を話していきます。

単刀直入に言うと日本の教育はかなり偏ってると言えるでしょう。

日本には近隣諸国条項というものがあり、教科用図書検定基準に定められている。どういう内容かというと

「近隣のアジア諸国との間の近現代の歴史的事象の扱いに国際理解と国際協調の見地から必要な配慮がされていること。」

といったもので一見なんの違和感もなさそうだがこれには一つ問題がある。それは日本は中国、韓国に配慮しているが中国や韓国は日本に一切の配慮をしていないことである。つまりは日本では中国や韓国に都合が悪い、名誉を傷つけることは書けないが中国、韓国では「日本人が我々を虐殺した!」と言っても文句が言えないということです。その為日本では比較的日本を悪いように言う歴史の書かれ方が多いようです。皆さんも歴史の真偽を見極めましょう。教科書は絶対に本当のことを書いてるとは限りませんですからね。

それではまた会おう フフーフ

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。